たるみが年齢を表す鏡【目の下の問題解決で若返り実現】

先生

皮膚の弾力を解消

先生

目の下のトラブル

たるみとは、紫外線や加齢とともに皮膚の弾力が失われ、皮膚がたるんで下がっていく現象です。皮膚のたるみや小じわは筋肉や皮下脂肪の減少によってバランスが崩れ発生するものと考えられます。たるみが表れやすい部分は、涙袋といわれる目の下、口角からあごにかけて垂直に表れる二重あごなどです。たるみは顔のエクササイズなどである程度は予防できますが、口元のたるみや、左右の口角の下がりには肌の再生治療が有効です。たるみ治療では皮膚を切開する方法が一般的でしたが、現在では切らない治療法として、レーザーやヒアルロン酸注入などによる治療が主流です。患者の負担も少なく、即効性に優れている技術です。たるみの程度によって適した治療方法を決めることが大切です。

おすすめの人気施術

目尻周辺のしわやたるみを改善するなら、美容外科によるフェイスリフトがお勧めです。針を使って皮膚の中に糸を埋めこんでいき、こめかみの奥の方からリフトする施術です。口元やあごなどのフェイスリフト施術は顎の周囲がすっきりして見えるので、顔の半分のたるみに有効です。顔の筋肉を上に引き上げるのでしわも目立たなくなり、解消したい場所によってリフトする場所も変わってきます。事前にクリーム麻酔をするので痛みを軽減して腫れの少ない施術方法です。治療部位をできるだけ小さくすることで日帰りの手術が可能です。また治療部位も髪の中の隠れる部分で行うので治療跡は目立ちません。それぞれの患者さんの状態によって異なりますが手術時間は1時間、一週間で抜糸が可能です。