たるみが年齢を表す鏡【目の下の問題解決で若返り実現】

先生

体重と指圧と姿勢

たるみ

体重との関係

顎のたるみが生じる原因はいろいろとありますが、その中でも最も注意を払わなければいけない問題があります。それは体重の増加という問題です。体重が増加するということは、身体全体が大きくなっていることを意味するだけで、顎のたるみと関係があるのか不思議に思う向きがあります。しかしながら、実際に体重の増加と顎のたるみには因果関係があります。体重が増えるというのは皮下脂肪がその分だけ増えるということも意味します。つまり、顔全体の皮下脂肪が増えるので、それを支える表情筋の負担が大きくなります。その負担に耐え切れなくなって顎に脂肪が流れてたるみができます。体重の増加と顎のたるみには相関関係がきちんとあるのです。

指圧と姿勢

顎のたるみを解消する方法はたくさんあります。まずは、体重増加がたるみの原因なので、その原因を取り除くことです。つまり、栄養バランスの良い食生活を送ることです。過剰摂取は禁物です。他にも、指圧が効果的な解決方法のひとつです。顔には上廉泉というツボがあります。このツボは本来的には小顔に効果的なツボなのですが、顎のたるみにも効果があります。場所は、顎の裏側にあります。裏側を触るとへこんでいる部分がありますが、それが上廉泉の場所です。ここを指で指圧しましょう。他にも普段から姿勢を正しくすることも重要なことです。それというのも、姿勢が悪いと身体にゆがみが生じて、それが二重顎や顎のたるみの要因になることがあるからです。